2nd Album
LIFE
2016.10.05 RELEASE!!!

Album Info

LIFE

¥2,130 (+tax)
para de casa | PDCR-009

Recorded at RDS Toritsudai and Sound Lab OISEAU
Mixed by The Anticipation Illicit Tsuboi from キエるマキュウ
Mastered by Rick Essig @ REM Sound NYC

アルバムを購入
デジタルで購入

Comments

所謂ジャズファンクバンド(よくいるやつですね)が大嫌い。模倣を超えられないのが原因で、しかも退屈きわまりない。

凄いアイデンティティーを持ったグループでどの枠をもはみ出してしまい、手を焼いてしまうけど大好きなバンド(あまりいないやつですね)ってあって、それは大好き。

さてAFRO PARKERはどちらでしょう? 

自分は今回レコーディングとMIXを担当しまして、AFRO PARKERとは今回初顔合わせ。色んなキャラの人達勢ぞろいって感じでよくもまぁここまで面白い人が揃ったなという印象と、圧倒的な引き出しの多さ(笑い要素も含め)で把握するのには全然時間が足りなかった(笑)

、、、ということで続きはまた次回にということで宜しくdeath!! Keep Progressing!!!

所謂ジャズファンクバンド(よくいるやつですね)が大嫌い。
模倣を超えられないのが原因で、しかも退屈きわまりない。
凄いアイデンティティーを持ったグループでどの枠をもはみ出してしまい、
手を焼いてしまうけど大好きなバンド(あまりいないやつですね)ってあって、
それは大好き。
さてAFRO PARKERはどちらでしょう? 

自分は今回レコーディングとMIXを担当しまして、
AFRO PARKERとは今回初顔合わせ。
色んなキャラの人達勢ぞろいって感じで
よくもまぁここまで面白い人が揃ったなという印象と、
圧倒的な引き出しの多さ(笑い要素も含め)で
把握するのには全然時間が足りなかった(笑)

、、、ということで続きはまた次回にということで宜しくdeath!! Keep Progressing!!!

The Anticipation Illicit Tsuboi

少し照れながら
等身大のリアルと妄想を吐き出しており
溢れる重ねちゃった年輪分の
素晴らしい言葉とメロディ

出遅れたゆえの覚悟があり
決してしてない妥協と背伸び
でも忘れないユーモア
それこそヒップホップのセオリー

斜め上から押し付ける「LIFE」
悔しいくらいの傑作で、参る!

少し照れながら等身大のリアルと妄想を吐き出しており
溢れる重ねちゃった年輪分の素晴らしい言葉とメロディ

出遅れたゆえの覚悟があり、決してしてない妥協と背伸び
でも忘れないユーモア それこそヒップホップのセオリー

斜め上から押し付ける「LIFE」
悔しいくらいの傑作で、参る!

上鈴木兄弟(P.O.P)

AFRO PARKER!
AFRO PARKER!!
AFRO PARKER!!!

クールでドープ!
ワクワク感の集まり!!

ついに、セカンドアルバム完成!!
必聴です!!

AFRO PARKER!
AFRO PARKER!!
AFRO PARKER!!!

クールでドープ!
ワクワク感の集まり!!

ついに、セカンドアルバム完成!!
必聴です!!

木村創生(オーサカ=モノレール)

『LIFE』アルバムタイトル通りバラエティーにとんだ楽曲で、色んな彼らをみる事の出来るアルバムだと思う。お気に入りは『Life is Good』。

ふざけてアホやっててもひっくり返すパワーを持ってる。 今後の彼らにも期待したい。

『LIFE』アルバムタイトル通りバラエティーにとんだ楽曲で、
色んな彼らをみる事の出来るアルバムだと思う。
お気に入りは『Life Is Good』。
ふざけてアホやっててもひっくり返すパワーを持ってる。
今後の彼らにも期待したい。

TAROW-ONE(韻シスト)

AFRO PARKERは大学の後輩達がやっているバンドで、当時の僕たちは一日中授業にも出ないで部室で練習したり音楽聴いたりゲームしたりしている集団でありました。

同じ音楽やバカなことを共有している仲間とひとつの音楽を作ること程楽しいことを僕は他に知りません。

そんな彼らのまさに今を生きるLIFEが詰まったアルバムを聴いているとそんなことを思います。

彼らがあの時のままでありながらも仲間と共に音楽もバカもアップデートし続けている様は頼もしくもあり羨ましくもあります。

AFRO PARKERは大学の後輩達がやっているバンドで、
当時の僕たちは一日中授業にも出ないで部室で練習したり
音楽聴いたりゲームしたりしている集団でありました。
同じ音楽やバカなことを共有している仲間と
ひとつの音楽を作ること程楽しいことを僕は他に知りません。
そんな彼らのまさに今を生きるLIFEが詰まったアルバムを聴いていると
そんなことを思います。

彼らがあの時のままでありながらも仲間と共に
音楽もバカもアップデートし続けている様は頼もしくもあり羨ましくもあります。

伊藤彬彦(androp)

僕がライブに足繁く通う数少ないバンド、AFRO PARKER。メンバー全員センスのあるバンド、AFRO PARKER。いつかこんなバンド組んでみたいと思わせてくれたバンド、AFRO PARKER。

音を楽しむ、そんなことを心の底から思ってる稀有な人たち。 みんなの日常に寄り添う曲達です。 騙されたと思って手にとって貰えれば。

ぼくがライブに足繁く通う数少ないバンド、AFRO PARKER
メンバー全員センスのあるバンド、AFRO PARKER
いつかこんなバンド組んでみたいと思わせてくれたバンド、AFRO PARKER
音を楽しむ、そんなことを心の底から思ってる稀有な人たち。
みんなの日常に寄り添う曲達です。
騙されたと思って手にとって貰えれば。

前田恭介(androp)